幼児教育は子供の潜在能力開発に重要です。子供の多様な可能性を伸ばしてあげましょう!

2010年04月14日

幼児教育 音楽

英語と同様に人気のある幼児教育教室として、
音楽があげられます。


なぜ、幼児教育
音楽を学ぶ人が増えているのかというと、
幼児期に音楽を学ぶことで
聴感覚、感受性、協調性、想像力など
情緒的な部分と知的な部分が発達する

いわれているからです。


情緒的な部分と知的な部分を
バランスよく発達させることは大変ですが、
とても重要な点であるため、
音楽を通して
幼児期から学ばせる方が増えているのです。



幼児教育の音楽の教室として有名なのは、
ヤマハ音楽教室ではないでしょうか。



ヤマハ音楽教室では、
歳児、2歳児、3歳児、4・5歳児、小学生
5コースに分かれており、
1歳から4・5歳児までは音楽を聴いたり、
歌ったり弾いたりと
音楽に関係することを親子で学びます。


小学生コースともなれば、
学年の異なる友達とのグループレッスンとなり、
コミュニケーション力を伸ばす内容も含まれます。



年齢に応じて
使用される教材も異なり、
子供が楽しく音楽を学ぶことができるといえるでしょう。



ヤマハ音楽教室では、
体験レッスンを行っていますので、
入会を希望している場合や見学を希望する場合は
問い合わせしてみるといいでしょう。


posted by 幼児教育ナビゲーター at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 幼児教育 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。